肌にたばこが悪いのはなぜ?

shutterstock_286100078

タバコを喫煙すると美容に悪いのは、まず血行が悪くなるということが第1にあげられます。タバコの主要成分のニコチンには血管を収縮させてしまいます。ニコチンによりお肌などの毛細血管はてきめんに収縮し、血行が悪くなり肌のつやが無くなります。血流が悪くなると皮膚の表面温度が低下します。血行が悪くなると全体的に新陳代謝が落ちます。表皮やその下の真皮に与える毛細血管からの栄養素が供給されなくなります。結果が肌が衰えて、しわになったり、肌のくすみやたるみ、また乾燥肌等の原因になります。タバコ1本を摂取すると、ビタミンCが壊れ体内のビタミンC不足を招きます。

suchao

ビタミンCには、ご承知の通り抗酸化作用があり、成人が摂取すべきビタミンのひとつにあげられます。またお肌のことで影響を考えると、ビタミンCにはメラニン色素が活性化するのを防ぐ作用があります。ビタミンCが不足すると、お肌の大敵である、しみやそばかすなどの原因となり、メラニン色素が活性化してしまうので、色素の沈着がおきやすくなります。このほかビタミンCには、コラーゲンの生成を助ける作用があると言われています。お肌の弾力を保つコラーゲンが足りなくなるとハリやツヤが失われることになりますので、結果しわも出来やすくなり、老化を進めてしまいます。

ニコチンの摂取はビタミンCを大量に奪ってしまうのでタバコを吸うことは健康のあらゆる面で、悪影響を及ぼすことになります。タバコを吸うと活性酸素が増えてしまい、それにより細胞が傷が付き細胞の老化を早めてしまいます。老化はしわたるみなどの他、毛穴が開いてしまい余計に老けさせてしまいます。また女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうことが指摘されています。ビタミンEやB群が消費してしまい髪のつやが無くなり、白髪の原因になったり、髪が細くなって、薄毛、抜け毛の原因になると言われてます。このようにタバコを吸うのは百害あって一利なしです。老化を早めてしまう喫煙は厳に慎んだ方が美容の為になります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>